フォーサイトの通信講座で、ダブルライセンス取得!

私が受検したのは「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」検定試験。実技と学科の試験が課されます。ファイナンシャルプランナー(FP)については認定団体が複数あるのをご存知でしょうか? 「社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)」と「特定非営利活動法人 日本FP協会(日本FP協会)」がそれぞれ認定を行っています。2級FP技能士は国家資格で「きんざい」が認定するもの(他に3級、1級がある)。日本FP協会は民間資格のAFP※1とCFP※2を認定しています。

※1

 : 

アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーの略。日本FP協会の登録商標で、普通FP資格。

※2

 : 

サーティファイド ファイナンシャル プランナーの略でAFPの上位資格。米国CFP BOARDの登録商標で、FP資格としては最上位。国際資格として認められている。

勉強の仕方でダブルライセンスも

2級FP技能士検定試験の受検資格を見ると、①実務経験2年以上、②3級合格者(金融渉外技能審査3級合格者含む)、③日本FP協会が認定するAFP認定研修修了者とあります。

実務経験とは、「資産の設計・運用・管理およびこれらにかかわる相談業務、コンサルティング業務などファイナンシャル・プランニング業務に携わった経験」のことで、3級合格者は、「きんざい」認定の3級FP技能士検定合格者。AFP認定研修は日本FP協会が認定する研修のことで、提案書の課題作成と出席要件があります。私が受講した『資格の学校フォーサイト』は日本FP協会の認定教育機関。通信講座を受講すれば研修修了者に該当しますから、2級FP技能士検定試験に受かれば、“ダブルライセンス取得”ということなのです。

2級FP技能士のほうが受検要件は少なく、3級を取得していれば合格しやすいもの。ただし、フォーサイト等を受講せず、2級FP技能士だけの受検ではAFP資格は取得できません(後から認定研修を受講)。せっかくですから、日本FP協会の認定校であるフォーサイトの通信講座の受講をお勧めします。合格の秘訣もたくさんあって、最後まで楽しく勉強できますよ。

次のページ >>