ファイナンシャルプランナーはどの勉強法で目指すべき!?

前のページで触れたフォーサイトの通信講座。中でも“DVD講義が最高に良かった!”とお伝えしました。でも、勉強法は人それぞれで、自分に合う方法で合格を目指すのが一番です。一般論になりますが、ここでは資格を目指す勉強法として「独学」「通学」「通信」の違いを述べてみます。

ファイナンシャルプランナー(FP)に限らず、行政書士や社会保険労務士などの資格は社会人になってから勉強を始めるケースが多いはず。となると、高校受験や大学受験とは異なる勉強法を見つけなければなりません。

「独学」「通学」「通信」にはそれぞれ長所もあれば短所もありますから、きちんと検討したほうがいいですよ。今ならインターネットで調べるのが手っ取り早いので、大まかなことでもいいので予備知識を仕入れておきましょう。ただし、インターネットには極端な情報がアップされていることがありますから要注意です。どんな情報であれ、少し疑いながらがいいかも知れません(笑)

FPを目指し「通信」をチョイス

学生時代に金融や財務関連を学んだ経験があれば、少しは有利かもしれません。しかし、それらの素養がなかったとしても心配ご無用。ほとんどの受検希望者が同じ条件だと考えることにしましょう。皆が同じスタートラインに立っていると思えばいいのです。FP技能士検定に合格するために必要なことは、
「自分に合った方法で効率よく学び、着実に基礎知識を増やすこと」「本試験に臨み、蓄えた知識を正確に解答用紙に書くこと」「制限時間内に一つでも多く正解すること」……私なりにしっかり吟味した結果が「通信」でした。できるだけ安く勉強するなら「独学」に限ります。すぐに質問がしたい、ライブの講義が受けたいとすれば「通学」しかありません。

どうして私は「通信」だったかというと、自分の好きな時期からスタートでき、好きな時間、好きな場所で学べる勉強法だったからです。フォーサイトのことを知ったのが決め手でしたが、働きながら学べるのは何ものにも替えられない魅力。フォーサイトの通信講座はなおさらでした。

次のページ >>