検定試験のことを理解し、準備を始めること。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を得るためには「ファイナンシャル・プランニング技能検定試験」に合格しなければなりません。掲載順が前後してしまいますが、試験情報をおさらいしておきます。“好きな時期に勉強を始める”ことができる通信講座ですが、年3回受検機会のどの時期に照準を合わせるかはよく考えなければなりません。比較的勉強時間が取りやすい、3級から始めて2級を狙いたい、就職や転職など有利な条件で進めたい、といった自分なりの条件を念頭に置いて検討していください。

前述した通り、私は2級ファイナンシャル・プランニング技能士検定を受検しました。日本FP協会認定校のフォーサイトの通信講座を受講したので、合格するとAFPも同時取得でダブルライセンスになりました。日本FP協会を通して申し込みを行い、「きんざい」で試験を実施します。両方のホームページにアクセスしてください。

「きんざい」

  ⇒  

http://www.kinzai.or.jp

「日本PF協会」

  ⇒  

http://www.jafp.or.jp/

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験

【きんざい】

【日本FP協会】

「学科試験」
「実技試験」
・個人資産相談業務
・中小企業主資産相談業務
・生保顧客資産相談業務
・損保顧客資産相談業務

「学科試験」
「実技試験」
・資産設計提案業務

学科試験はマークシート形式で60問。60点満点で合格基準点は36点以上。実技試験は記述式で40問。100点満点で合格基準点は60点以上。“合格基準点”は年度ごとの受検者のレベルを把握し、バラつきが少なくなるよう配慮されたもの。フォーサイトの通信講座で狙うのが、この“合格基準点”です。

試験は毎年度5月下旬、9月初旬、1月下旬の実施日されますから、どの時期を選べばいいかよく考えて申し込みをしてください。

次のページ >>