ステップアップはこれから。新たな道を模索中

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事はどのようなものでしょうか?このサイトの最初のほうで、FPとは“金融・財務・財政等の計画を立てる人”とお話ししましたが、その内容は時代とともに変化していきます。

例えば少子高齢化社会の日本では、財産管理や運用、老後生活に関心が高まってきました。相談内容も複雑で多岐にわたると考えられ、スペシャリストとして頼りになるFPへのニーズが高まりまっています。それだけ重い責任を担うFPの活躍の場がどんどん広がっていくのは間違いありません。

そして、こんな背景もFPの活躍を後押ししているのではないでしょうか。それは、金融商品に対する規制緩和が進み、個人が購入した商品は自己責任で管理することが求められるようになったこと。金融商品が増えれば増えるほど、FPなど専門家を頼らなければなりません。加えて、自分らしい生活を求める傾向が進み、ベストな資産管理をしたいというニーズが増えています。これこそFPの出番! 顧客のニーズをつかみ、最適なライフプランを策定するスキルがステップアップにつながります。

銀行や証券、保険会社などがこの分野に積極的に参入し、企業ごとにFPの取得を奨励していることもあり、資格取得によって新たな道が開けます。

フォーサイトで学んだこと

私はフォーサイトの通信講座でFP資格を取りました。いろいろなお話をして来ましたが、まだ具体的な将来像は描けていないのが現状。独立開業は大きな夢ですし、実現可能だと手応えを感じ始めています。他にも、社内FPとしてキャリアアップを果たすことも視野に入れています。

まずは資格取得を目指して頑張りましたが、これからはその資格を活かすことがメインテーマです。焦らずじっくりと、しかし着実な歩みを続けること──これは、フォーサイトの通信講座で経験したことでした。

近々、新しい情報を加えてサイトにアップしたいと思います。受検をお考えのみなさん、きっと満足できる結果を手にしてください!